研修にのぞむ心構えと役割

ビジネスメンター制度を知る

研修にのぞむ心構えと役割

研修にのぞむ心構えと役割 経営の中核となるビジネスメンターを育成したいと考えている会社は多いです。メンターとは、当該会社で仕事上の秘訣を教えコーチし率先してロールモデルをつくっていける人のことを言います。重要な人物への紹介役としてふさわしい才覚をもっていることが必要になるのです。研修を受ける人は、メンターになろうという意欲がないと、教える人を育てることはできません。
管理職向け研修を受けさせたいと思うなら、その会社で活躍できる能力を高められ経営理念を浸透させることができる人でなければ意味がないのです。導入するだけではなく、メンターが管理職向けであることを理解して適切なメンタリングができることが重要になります。制度を取り入れるにあたって育成の趣旨を理解しておかなければなりません。参加するだけでは、帰社してメンターとしての働きができるとは思えないのです。メンターになろうという心構えを持っている人を優先して参加させることこそ会社の理念を徹底することにつながります。

管理職向けビジネスメンターの育成の必要性

管理職向けビジネスメンターの育成の必要性 管理職となると、もうこの人は何でも知っていると周囲から思われることはしばしばだと思います。しかし、それは言えることではありつつも、実際そこに至るまでの道のりというのは、その人に出来ることであったコースだったのであり、本当の本当に何でも知っているかと言われれば、それは違うと言わざるを得ません。それは誰でもそうなのではないでしょうか。
自分の努力の道のりの上での事柄ならいくらでもやれるけれども、自分にとっての未知の分野や、苦手なこと嫌いなことというのは、やはり人に聞いたりなどしなければ理解し得ないのです。そのため、管理職向けにビジネスメンターをつける考え方はとても重要であり、そのようなメンターを育成していく必要があります。このとき、管理職向けだからと言ってその人の上の立場や年齢の人がメンターになるものと思い込まないことが大事です。それとともに、意見を参考に出来そうなら、若い人や立場が下の人であってもメンターとして育成出来るのではと捉えてみることも大切なことです。

新着情報

◎2023/9/05

情報を更新しました。
>安全配慮義務の観点から管理職向けビジネスメンターを配置
>管理職向けのビジネスメンターではうつ病対策も行う
>管理職向けのビジネスメンターで行うパーソナリティ診断
>管理職向けビジネスメンターの存在で作業効率がアップ
>風紀の乱れを正すには管理職向けビジネスメンター配置

◎2022/11/02

情報を更新しました。
>管理職向けのビジネスメンターは性格特性にも詳しい
>管理職向けのビジネスメンターを利用するとパワハラ相談にも対応できる
>管理職向けビジネスメンターで設置をしたいのがセクハラ相談窓口
>企業風土を形作る管理職向けビジネスメンター
>管理職向けのビジネスメンター窓口を利用するメリット

◎2020/12/23

制度はスキルアップと低コスト
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

管理職向けのワークショップ
の情報を更新しました。

◎2020/8/19

研修にのぞむ心構えと役割
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

ビジネスメンターとメンティの相性
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

ビジネスメンター制度のメリット
の情報を更新しました。

◎2020/02/14

サイト公開しました

「管理職 研修」
に関連するツイート
Twitter

明日は東京で管理職研修です! 移転後初の管理職

松山にて管理職研修の初日を終えました。今年も月に一度の開催で訪問します。振り返ればの3年間、月に一度、研修で訪れておりますが、道後温泉もエリエールゴルフ場も行けず。いつかは行きたい。

30代後半あたりから教師としてのランクに合わせた高校のみでローテーションするようになる(たまに管理職研修みたいな感じで別ランクの高校に行くことも)。そして50代あたりから管理職(学年主任・主幹・教頭など)に。

ZaPASS JAPANは、「管理職研修に関するアンケート」を実施し、その結果を発表した。

Copyright (C) 2020 ビジネスメンター制度を知る. All Rights Reserved.